こんな病院でレーシックを受けたい

認定医で探す

認定医で探す

レーシックは、安全性の高さもメリットの1つですが、人の手による手術であり、手術という性質上角膜にキズを付けることになってしまいます。

 

その為、確率的に非常に低いと言われていますが、手術によるリスクが伴ってしまいます。

 

実はあまり知られてはいませんが、日本の法律では、レーシック手術を行うのに特定した医師の肩書きを必要としていないのです。

 

極端な例を挙げますと、目の手術とはまったく関係のない産婦人科の医師が、明日からレーシックの治療を病院で行うことも可能だということになります。

 

日本眼科学会のガイドラインによって、レーシックをはじめとする屈折矯正手術は、眼科専門医が行うことを定めておりますが、法によって定められているのではなく、あくまで日本眼科学会のガイドラインで定められているにしか過ぎません。

 

そのため、今現在においても、「レーシック専門医」や「屈折矯正専門医」等といった、実際には存在しない認定医資格の肩書きを表記して治療を行っているクリニックもあるのです。

 

少しでもリスクを減らすためにも、眼科を探す際には、日本眼科学会から認定された「眼科専門医」の施術が受けられるクリニックを選ぶことをオススメします。

No Match Data!

最新ニュース

  • YAHOO天気・・・最新天気情報
  • YAHOOスポーツ・・・サッカー、野球、ゴルフ速報
  • YAHOO地図・・・地図の検索、ロードマップ
  • YAHOOニュース・・・ニュース速報

  • ホーム RSS購読 サイトマップ
    HOME 病院選びのススメ 認定医で探す 視能訓練士で選ぶ セカンドオピニオン 医者の対応を見る